スキンケアを見直してみよう|ニキビ対策には化粧水のつけ方も大切

スキンケアで解決

お尻

おできと混同しないように

お尻ニキビができたと思ったら実はおできだったということは、よくあることです。これらは見た目が似ているのでよく混同されることが多いですが、実際には異なるものです。お尻ニキビは毛穴が詰まることで生じる症状ですが、おできは毛穴の奥にある毛包に細菌が入ってしまって化膿したものです。お尻ニキビは角質が硬くなったり、皮脂が多くなったりすることが原因で毛穴が詰まることで起こります。しかしながら、おできの場合は、免疫力の低下によって細菌が化膿を引き起こすのです。このように、症状も原因も全く異なるのです。お尻ニキビの治療方法としては、食生活の見直しをすることも大切ですがスキンケアが最も効果的です。お尻ニキビのスキンケアの方法にはいろいろなものがあります。たとえば、その1つとしてビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使用することが挙げられます。肌にビタミンC誘導体が浸透していくと、コラーゲンの分泌が促進されて肌に保湿が生まれます。また、ヒアルロン酸が配合されているものも肌に潤いが生まれておすすめです。こうして肌のターンオーバーを促進させて角質層が硬化することを防止したり、毛穴が詰まりにくくさせます。そのようにして、お尻ニキビを予防したり改善したりすることができます。ちなみに、敏感肌の人の場合は美容液や化粧水を使うよりも、クリームや乳液を使用した方が良いです。浸透するスピードが遅いので、肌への刺激が少ないです。スキンケアをしてお尻ニキビを治しましょう。